かちこちがちんこの悩みを解決できれば幸いです。

かちこち

ちんこの挿入時間の平均や理想はどのくらい!?男女の違いも調べてみた!

ちんコラム

ちんこの挿入時間の平均や理想はどのくらい!?男女の違いも調べてみた!

ちんこの挿入時間の平均や理想について紹介します!

基本的に男性が射精したら一旦ちんこが抜かれますが、女性は満足していないかもしれません!

ちんこの挿入時間の平均や理想から、男女の満足度の違い等を調べてみてください!

挿入時間の平均はどのくらい!?

挿入時間の平均について紹介します。

挿入時間の平均はどのくらい!?

ここで言う「挿入時間」とは、一回のセックスでどのくらいの時間ちんこを挿入していたかということです。

もちろん誰がセックスしたか・セックスした時の状態等も異なっているので、挿入時間の平均を算出するのは非常に困難です。

あくまでも「おおよその挿入時間の平均」だと割り切って把握してください。

おおよその挿入時間の平均は「5分から6分」だと言われています。

挿入してから3分で射精してしまったら早漏ということになります。

10分や20分もかかるのであれば遅漏気味であるとわかります。

この挿入時間の平均は「男性が射精したタイミング」でもあります。

1回のセックスは男性が射精した段階でストップすることが多いからです。

注意点

これは男女のイきやすさに差があるせいですが、女性も満足しつつ男性も満足するとなると、挿入時間の平均以上の時間セックスしなければいけません。

ただし、腰を動かすのにも体力が必要なので、時間がかかればかかるほど快感が薄くなるという考え方もあります。

挿入時間の平均が長いことはもちろん、スパートかけや腰の動かし方等もセックステクニックのひとつです。

女性を満足できるようにセックステクニックを調整してセックスに挑むことが望まれています。

 

そう・・・女性は長く繋がっていたい!そして「私をイかせて!」と思っているんです。

そのためにはテクニックを磨く必要があります。

↓↓↓

ペニスで中イキさせる!開発方法と簡単にいかせるテクニックで女性をよがらせよう!

男は女を中イキさせて何ぼですよ。

挿入時間の理想、男女での違いは!?

挿入時間の理想について紹介します。

挿入時間の理想、男女での違いは!?

セックスが好きだという人ほど挿入時間の理想が長い傾向があります。

しかし、あまり長かったとしても、ただ時間と体力が削られてしまうだけで、気持ちいいセックスができない可能性も考えられます。

中には「相手のことが好きだから長い時間繋がっていたい」と考える人がいる程度で、基本的には「セックスの平均時間」がそのまま挿入時間の理想となることが多いと考えてください。

ただし、挿入時間の理想はやや女性の方が高いと言われています。

チェック

男性は挿入して平均で5分か6分で射精してしまいますが、そのタイミングで女性が絶頂するとは限らないからです。

絶頂した時の快感・快楽は男性よりも女性の方が強いのですが、そこに至るまでの時間は女性の方が長い傾向があるのも理由のひとつです。

男性の挿入時間の理想は平均時間通りの5分から6分で、女性はそれよりも少しだけ長くなるのだと考えてください。

もちろん「早いほうがいい」「スローセックスが好き」という女性は例外ですが、おおよそ「7分程度」が女性の挿入時間の理想だと言われています。

最初はスローペースでセックスをして、5分を経過した頃にスパートをかけて腰を動かすセックステクニックが非常に有効です。

挿入時間を長くする方法!早漏だとバレたくない!

挿入時間を長くする方法について紹介します!

挿入時間を長くする方法!早漏だとバレたくない!

挿入時間が短いと「こいつは早漏だ」と思われて、女性から幻滅されてしまいます。

女性は挿入時間の理想がやや長めになっているので、早漏の場合はセックスの相手に選ばれないかもしれません!

問題点

早漏男性はなんとしても挿入時間を長くする必要がありますが、セックステクニックがない男性はそれすらも難しいです。

ただがむしゃらに腰を振るだけではすぐに射精してしまいますし、ゆっくりめのセックスだと気持ちよくないので、自分が満足できません。

要するに、自分の快楽と女性に与える快楽・早漏をカバーする腰の動きのバランスが取れていないのだと考えてください。

挿入時間を長くするコツですが、まずは「最初はゆっくり目のセックスで後から腰を激しく動かすセックスをする」ことを心掛けましょう。

腰をゆっくり動かしておけば、その分刺激を抑制することができます。

どれだけ早漏気味なちんこだとしても、簡単に射精してしまう可能性はグッと下がるでしょう。

ゆっくり腰を動かすことで時間を稼いで、その後スパートをかけるように腰を動かして射精してください。

注意点
スパートをかけてすぐに射精したら女性も満足できないので、なるべくなら腰を激しく動かしてもある程度の時間我慢できるようにしたいです。

 

腰をゆっくり動かす事で挿入時間が長くなり、早漏だとバレないかもしれませんが・・・。

もっと早く動かしたい!なんてストレスたまりません?

だったら、チントレしましょう!思う存分腰を動かしてもいいくらいに改善できる!かもしれませんよ!

↓↓↓

チントレで早漏改善!やり方や頻度は!?おすすめグッズはこれ!

ごまかしはいつまでも効きません。根本的に早漏は治しましょう。

挿入時間の希望をアンケート取ってみた!

挿入時間の希望について紹介します。今回は、挿入時間の希望を男女別にアンケートを取ってみました。

挿入時間の希望をアンケート取ってみた!

アンケート結果をチェックしてみてください。

男性の挿入時間の希望
3分未満 12%
3分から5分 15%
5分から7分 54%
7分以上 19%

男性からしたら気持ちいいセックスはいつまでも続けていたいと考えるものですが、挿入時間中の腰への負担等を考えると、おおよそ5分から7分に集中していました。

このことから、男性の挿入時間の希望は「5分から7分」であると考えることができます。

女性の挿入時間の希望
3分未満 0%
3分から5分 15%
5分から7分 55%
7分以上 30%

女性の挿入時間の希望を見るに、男性よりも明らかに挿入時間の希望時間が長いことがまずわかります。

このことからも、「女性の方が気持ちよくなるまでの時間が長い」のだと判断可能です。

3分未満の割合が0%だったことから、早漏男性の需要はほぼないと考えてください。

ごく稀に「セックス自体が面倒で疲れるから早く終わってほしい」と考える女性は早漏男性でも受け入れてくれるかもしれませんが、そのような女性の存在は稀でしょう。

セックスに慣れていないと挿入時間の希望通りに腰を動かすのは難しいかもしれませんが、お互いに気持ちよくなるためには大切なことです!

スローセックスの挿入時間は何分くらいが良い!?

スローセックスの挿入時間は何分くらいが良いのかを紹介します。

スローセックスの挿入時間は何分くらいが良い!?

「スローセックス」とは、ゆっくり目にセックスをすることです。

スローセックスの特徴
お互いの肌をよく触れ合わせて愛を確かめ合うのが目的のセックスで、焦らし効果もあるので焦らされるが好きな人もスローセックスを好む傾向があります。

スローセックスという概念は挿入時間は関係なく、前戯や愛撫等も含めたセックスという考え方です。

そのため、スローセックスの挿入時間も通常のセックスとそこまで変わりません。

もちろんセックス中にも愛を育んで身体を密着させたい場合は、スローセックスの挿入時間もつられて長くなります。

おおよそのスローセックスの挿入時間平均は7分程度で、長くて20分以上だと言われています。

20分もセックスする場合は、最初は挿入だけして抱き合ったり等、肌と肌の密着を楽しんでいるのだと考えてください。

ポイント
スローセックスの挿入時間もどちらかといえば長い方が好まれますが、パートナーがどの程度愛情を求めているかにもよります。

ただ気持ちよくなりたいだけならスローセックスをしても挿入時間は長くならないこともあるでしょう。

お互いが恋人同士でずっと繋がっていたいと考えるのであれば、なおさら有効なセックスとなります!

 

そんなスローセックスのやり方を詳しく下の記事にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

↓↓↓

スローセックスのやり方やテクニック!本当の快楽を感じる!

おかげで夫婦・カップルの危機回避、お互いを思いやるようになったなどメリットいっぱいです。

ギネスに残る挿入時間!世界一長いセックス!

ギネスに残っている挿入時間について紹介します。

ギネスに残る挿入時間!世界一長いセックス!

世界中の様々なナンバーワンが集うギネスですが、挿入時間に関するギネスも存在します。

現在では、日本のAV企画で10時間セックスしたと言われている人がギネスに申請していて、近々ギネスに残る挿入時間となる予定です。

申請されるかまではまだわかりませんが、「10時間4分」もの間ずっと挿入していました。

これは、射精したとしてもペニスを抜かずに挿入したままの状態を維持していたためこの記録が誕生し、セックスの挿入時間等で考慮される「射精するまで」という概念は一切ありません。

ギネスに残る挿入時間記録を出したのは「川本英雄」さんというAV男優と、「新垣セナ」さんというAV女優です。

AVの企画で3組別れて長時間セックスすることになっていましたが、そのセックス時間が競われた形となります。

ただし、この記録は「1時間に1回コンドームを変えてチャレンジしている」ことになっています。

そのため、コンドームを抜いた時間を含めて考えるのであれば、記録は10時間ではなく、一番最初にコンドームを抜いた時間となる可能性があります。

10時間以上の記録が万が一ギネスの挿入時間に更新されないのであれば、コンドームを変えるためにペニスを抜いたことが理由となるでしょう。

セックス中に血圧チェックが入る等のアクシデントもあったことから、素人にはおすすめできません。

挿入時間のまとめ

挿入時間について紹介しました。

挿入時間のまとめ

男女ごとに挿入時間の理想や希望が違いますが、おおよそ「女性の方が少しだけ挿入時間の理想や希望時間が長い」と考えられます。

女性の理想を叶えるためには、男性も今以上のセックステクニックとスタミナが必要です。

自分が気持ちよくなるだけならセックス中に射精すればいいだけですが、女性を満足させるには挿入時間の向上が欠かせないのだと考えてください。

-ちんコラム

Copyright© かちこち , 2020 All Rights Reserved.