かちこちがちんこの悩みを解決できれば幸いです。

かちこち

ちんこの仕組み~勃起や射精はなぜ起きる!?

ちんコラム

ちんこの仕組み~勃起や射精はなぜ起きる!?

ちんこの仕組みについて紹介します。

勃起の仕組み、射精がなぜ起こるかのメカニズムのうち、特に「射精する時間」「なぜ射精できないか」等は、自分の性に関する悩みを解決する可能性もあります。

ちんこの仕組みを知りたい、疑問を解決したいと考えている人におすすめの内容です!

ちんこの仕組み~勃起はどうやって起きる!?

ちんこの仕組みのうち「勃起」について徹底解説していきます!

ちんこの仕組み~勃起はどうやって起きる!?

多くの人は「男性が勃起するのは生理現象・自然現象」だと考えています。

ある意味では間違っていませんが、ちんこの仕組みにおいて勃起は、自然現象とは少し違います。

そもそも、ちんこの仕組みにおける勃起は「ムラムラした・射精したくなった」から起こるものです。

女性の体を見て勃起する可能性は高いのですが、頭の中で性的欲求が高まらないと勃起はしません。

勃起のメカニズム

ちんこの仕組みのうち勃起が起こる際に一番最初に刺激されるのは「脳」です。

脳が性的刺激を感知して、体内で「一酸化窒素」が生成されます。

この一酸化窒素が持つ役割が、勃起に関係がある「血管の拡張」です。

ちんこの血管も大きくなるのが、ちんこの仕組みのうち勃起に関する仕組みのキーポイントで、ちんこに多くの血液が流れやすい状態ができあがったのだと考えてください。

こう考えると、勃起は生理現象や自然現象によって行われるものではなく、前提として「ムラムラする」という条件を満たしていないと成り立たないとわかります。

ちなみに、なぜちんこの仕組みで勃起が生理現象、自然現象だと言われるかというと、大抵の男性は綺麗な女性の裸を見たら簡単に勃起してしまうからです。

射精はともかく、勃起自体は難しいものではありません。

女性が男性を誘惑する際は覚えておきましょう。

ちんこの仕組み~勃たなくなるワケ

ちんこの仕組みのうち「勃たなくなるワケ」を紹介します。

ちんこの仕組み~勃たなくなるワケ

ちんこの仕組みを知る上で勃たなくなるワケも大切です。

女性が勃たなくなるワケをあらかじめ知っておけば、セックス中に男性に無理をさせてしまう可能性も少なくなるかもしれません。

ちんこの仕組み上の勃たなくなるワケは、「男性がムラムラしていないか」「精力が少なくなっているか」のいずれかです。

男性の勃起は脳がエッチな事を考えたがために起こります。

そのため、エッチな事をまず考えていないのであれば、勃起はできません。

セックスの前になると大抵の男性はムラムラして勃起しますが、中にはストレスが原因で勃起しづらくなっている人もいます。

彼らは、ちんこの仕組みにおける勃起に必要な性的興奮よりも、不満等が勝っているのだと考えてください。

これは女性も同じで、不安や不満があるといつもよりも感じにくいです。

チェック
なかなか勃起してくれない相手とセックスする場合は、まずは相手を安心させたり、イチャイチャしたりして少しづつ勃起させてください。

ちんこの仕組みにおける勃たなくなるワケのひとつ「精力不足」は、基本的には何度か射精をして精液をすぐに出せる状態ではない場合だと考えましょう。

いわゆる賢者タイムを表していて、賢者タイムになると脳が冷静になり性的興奮を感じにくくなります。

ムラムラもしないので、ちんこの仕組みにおける勃起の条件を満たせません。

 

男はどうしても賢者タイムに陥りますね。

それをなんとかして短くしたい!人は下の記事を参考にしてください。

↓↓↓

賢者タイムからちんこを復活!なぜ起こるのかや男性の本音!

あまり長いと女性との関係が悪くなりそうですよね。

ちんこの仕組み~射精のメカニズム

ちんこの仕組みのうち「射精のメカニズム」について見ていきましょう。

ちんこの仕組み~射精のメカニズム

射精のメカニズムもちんこの仕組みを知るにおいては大切な問題です。

大抵の人は「とりあえずちんこを刺激すれば射精できる・射精が行われる」と考えていますが、ちんこの仕組みにおいては複雑なメカニズムがあってこその行動になります。

射精のメカニズムで特に大切なのは「精子」の知識です。

射精のメカニズム

精子は精巣(いわゆる睾丸、金玉)で作られます。

このメカニズムは毎日行われていて、寝ているとき等に精子が作られ朝起きたら金玉がパンパンになっている可能性が高いです。

その後、精嚢(せいのう)に精子が蓄えられ、前立腺から分泌される前立腺液と精子が混ざり、精液になります。

後は、一般的な知識通りの手順で、ちんこになんらかの刺激を与えたり、性的興奮を高めます。

前立腺液がさらに分泌されるようになり、溜まった精液が一気に放出されます。

ちんこの仕組み上、ここまでのメカニズムを「射精」と言うのだと考えてください。

精子が精巣で作られて精嚢に貯蓄され、前立腺液に混ざり精液が作られ射精するというメカニズムを見れば、ちんこの仕組みがいかに複雑かがなんとなくわかります。

ただし、「射精させる」「射精する」ための知識ではなく、あくまでも「性知識の雑学」のうちのひとつだと判断してください。

ちんこの仕組み~朝勃ちはなぜ起きる?

ちんこの仕組みのうち「朝勃ち」について考えてみましょう。

ちんこの仕組み~朝勃ちはなぜ起きる?

朝勃ちは多くの男性が経験する勃起現象です。

朝起きて目がしっかりと覚めるまではムラムラしていないのになぜか勃起している状態です。

この状態でちんこを触ったり刺激を与えると、刺激によりムラムラが高まり、射精欲も出てきます。

ちんこの仕組み上での勃起は脳への刺激が最初であるのに対し、朝勃ちは性的興奮関係なく起こります。

朝勃ちの正体は「夜間勃起」が継続している状態だと考えてください。

いわゆる「レム睡眠」と呼ばれる浅い睡眠が行われるたびに勃起している可能性があり、レム睡眠明け(浅い眠りから覚めたタイミング)は、まだ勃起状態が続いています。

この状態を朝勃ちと呼んでいます。

夜間勃起も大切なちんこの仕組みのひとつで、体が性機能の試運転をしているために行われます。

生殖活動においては性器が正常に稼働するかは必須で、体が生殖活動を行える状態を常に作ってくれる傾向があります。

長い間勃起しないと海綿体や筋肉等が正常に働かない可能性があるので、寝ている際(レム睡眠の際)に勃起させて、少しでも生殖活動ができるようコンディションしているのだと考えましょう。

ちなみに、ちんこの仕組み・現象のひとつである「夢精」は、レム睡眠中で頭が働いている状態で性的な夢を見た場合に行われます。

夢精した場合は一応射精は行われているため、ちんこの仕組み的に朝勃ちはしていない可能性が高いです。

 

つまり・・・朝勃ちしないと生殖活動が落ちてるって事ですね。

↓↓↓

ちんこが朝立ちしない男達はヤバい!その原因と改善法!

あなたのちんこ、大丈夫ですか?

ちんこの仕組み~イク瞬間はどうなってる?

ちんこの仕組みのうち「イク瞬間(射精する瞬間)」について紹介します。

ちんこの仕組み~イク瞬間はどうなってる?

ちんこの仕組みを知る上で気になる部分のひとつである「快感や快楽」に関係がある仕組みです。

射精がなぜ気持ちいいかを知りたい場合はチェックしてください。

イク瞬間の感覚についてですが、まず「ちんこから精液が出そう」と、ちんこを通じてすぐに理解できます。

その後すぐに射精して、射精が終わるまでは快感が続くと考えてください。

このちんこの仕組みも生理的な「体の構造」のひとつで、なぜ射精し終わるまで快感が続くかというと、「生殖活動の一環だから」です。

射精が気持ち良ければそれだけ「射精したい!」という射精欲も強くなります。

仮に射精が痛かったら射精したいとは思わなくなるため、生殖器や精力はどんどん衰えます。

チェック
どの生物も子孫繁栄を目指せるような体の構造になっているため、人間においても「気持ちいいから射精したい」と、射精の機会を増やせるような体の構造になっています。

イク瞬間は気持ちよくなるのが基本的なちんこの仕組みです。

ちなみに、ちんこを刺激するだけでも気持ちよさは感じられますが、射精の快感と比べるとやや弱いです。

また、セックスや射精という行為そのものが「したい」と思える行為であるのも、子孫繁栄に役立たせていると考えてください。

子孫繁栄もちんこの仕組みを語るには知っておきたい部分です。

ちんこの仕組みまとめ

ちんこの仕組みについて紹介しました。

ちんこの仕組みまとめ

ちんこの仕組みのうち「勃起」や「射精」は生理現象ととらえている人が多いのですが、詳しく見てみると複雑な体の構造から成り立っているのだとわかります。

なかなか射精できない人は「まずはムラムラするのが何よりも大切だ」と割り切って考えましょう。

女性もちんこの仕組みを知っておけば、セックスの時に男性に負担をかける可能性を減らせます。

射精したい男性も射精してもらいたい女性もぜひチェックしてみてください!

-ちんコラム

Copyright© かちこち , 2021 All Rights Reserved.