かちこちがちんこの悩みを解決できれば幸いです。

かちこち

後背位(バック)のやり方やコツ!バリエーションも紹介!

ちんコラム

後背位(バック)のやり方やコツ!バリエーションも紹介!

後背位(バック)のやり方とコツを紹介していきます!

後背位(バック)はポピュラーな体位のひとつですが、様々なバリエーションがあって無限大の可能性を秘めています。

女性との相性次第でどの体位よりも気持ちいい経験もできるかもしれません!

どのような後背位(バック)のやり方やコツがあるかもチェックしてください。

後背位(バック)はやり方次第で実はめちゃくちゃ気持ちいい!?

後背位(バック)はやり方次第では実はめちゃくちゃ気持ちいい体位です!

後背位(バック)はやり方次第で実はめちゃくちゃ気持ちいい!?

なぜ後背位(バック)がやり方次第で気持ちいい体位になるかというと、男性も女性も腰を動かすのが簡単だからです。

後背位(バック)のやり方を頭でイメージしてみればわかりますが、挿入は男性が主導です。

女性は後ろを向いたままセックスするため、挿入口が見えづらいからです。

セックス慣れしていない男性はここで躓く可能性はありますが、挿入口を見て挿入できるため、難易度は高くありません。

後は腰を動かすだけ!

男性は突く動きもかき混ぜる動きも可能で、女性も小さくお尻を動かす程度ならできます。

動きも単調でいいので、ちんこが外れる可能性も少ないです。

後背位(バック)のやり方だけ見たら難易度が低くやりやすい体位だと考えて構いません。

さらに、女性の膣が下付きだった場合は、後背位(バック)のやり方で挿入する際の挿入口がちんこに向かってちょうど水平になりやすいです。

つまり、ちんこをぴったりと挿入できます。

これも後背位(バック)がやり方次第で気持ちいい体位と言われている理由です。

彼女との相性次第で挿入しやすく腰はさらに動かしやすく、快楽のままただ腰を振るだけでいい体位に変身します!

もちろんテクニックを身に付けるのも正しい後背位(バック)のやり方ですが、テクニックなしでも充分気持ちよくなれる可能性を秘めている体位でもあります!

後背位(バック)のやり方とコツ!

後背位(バック)のやり方とコツを紹介していきます。

後背位(バック)のやり方とコツ!

ここで紹介する後背位(バック)の正しいやり方は、女性が四つん這いになる一般的な後背位(バック)のやり方です。

このやり方だと膣奥までペニスを挿入しやすいので、まずはこの体位をマスターできるようにしたいです。

後背位(バック)のやり方は、まずは女性に四つん這いになってもらう事からはじめます。

稀に後背位(バック)が好きな女性は自分から四つん這いになります。

彼女が後背位(バック)を希望しているので、かなえてあげてください。

挿入する際のコツですが、女性の膣が充分に濡れているのを確認しましょう。

注意点
後背位(バック)が挿入しやすい体位とはいえ、やはり濡れていないと彼女も自分も痛みを感じてしまう可能性はあります。

いきなり挿入するのではなく、痛みを感じないようにゆっくりゆっくり挿入して、それでも挿入が難しそうなら愛撫を行いましょう。

挿入して奥までちんこを届かせたら、いよいよ腰を動かすターンです。

男性はピストンを軸に腰を振るのが後背位(バック)の正しいやり方・コツで、たまに違う刺激を与えるためにかき混ぜる動きをおすすめします。

Gスポットが好きな女性だと、かき混ぜるようにちんこや腰を動かした方が喜びます。

女性は足を大きく広げた方が腰を動かしやすいですが、その分締まりが悪くなり男性の気持ちよさが減ってしまうかもしれないので、注意してください。

 

Gスポットを効率よく攻めて彼女を調教、いや開発したい方は、下の記事を参考に。

↓↓↓

ペニスでGスポット開発~位置・場所の探し方と攻め方!刺激しやすい角度や深さまとめ!

後背位(バック)で、女性を中イキさせたらいい男の仲間入り!?

後背位(バック)のやり方はバリエーションが豊富!

後背位(バック)のやり方は非常にバリエーションが豊富で、全部覚えるのも一苦労です。

後背位(バック)のやり方はバリエーションが豊富!

一般的に後背位(バック)は女性が四つん這いになりますが、後背位(バック)のやり方を調べてみると、様々な体位がある事がわかります。

例えば、女性がうつ伏せになって男性が覆いかぶさるように後ろから挿入する「寝バック」、男性も女性も立ったまま男性が後ろから挿入する「立ちバック」が、代表的なバリエーションです。

いずれも後背位(バック)のやり方と同様後ろから男性が攻める体位ですが、通常のバックよりも身体全体を密着できるのがおすすめポイントです。

特に寝バックは通常の後背位(バック)のやり方よりも膣奥までちんこを届かせやすいので、ちんこのサイズに自信がない男性にもぴったりです。

足を閉じているおかげで締まりもよくなり、普通の後背位(バック)や正常位よりも気持ちいいかもしれません。

 

女性は寝バックが大好きです!

↓↓↓

寝バックで女性を中イキさせる!ちんこの角度や深さなどやり方を解説!

女性を虜にするなら寝バックにしましょう。

 

女性が四つん這いでさらに膝を伸ばしてうつ伏せ一歩手前のような形で挿入する「ワンワンスタイル」もおすすめです。

犬の交尾のような格好で行うセックスですが、男性も女性に覆いかぶさるような体勢を取れます。

油断すると自分の体重が彼女にかかるのだけは注意してください。

セックスの体位には「48手」と呼ばれるものも存在し、江戸時代に考案されたものもあります。

そのうち後背位(バック)に関係あるやり方のものもあり、例えば「鵯越え(ひよどりごえ)」「後櫓(うしろやぐら)」があります。

後背位(バック)が痛い!その時の対処法!

後背位(バック)の正しいやり方を試しても、後背位(バック)が痛いと感じる時もあります。

そんな時の対処法も知っておきましょう。

後背位(バック)が痛い!その時の対処法!

なぜ後背位(バック)のやり方通りに試しても痛みを感じるかというと、「膣が充分に濡れていないから」です。

確かに、後背位(バック)は基本的にはどのバリエーションも挿入しやすいです。

そのため「膣を濡らさなくてもいいか」と妥協して考える人もいますが、後背位(バック)の正しいやり方とは言えません。

膣にちんこを挿入しやすいようにするだけでなく、彼女がセックスに興奮できているかも大切です。

女性がムラムラしていない状態で挿入しようとしても、少しの痛みも我慢できないくらい気持ちよさを感じられません。

全く気持ちよくないため痛みだけが先行してしまい、セックスを拒んでいるのだと考えてください。

当然、この状態で挿入しようとしてもうまくいかず、セックスそのものが失敗してしまう可能性もあります。

後背位(バック)のやり方が正しかったとしても、相手の女性がバック嫌いになってしまう可能性すらもあります。

まずは入念に愛撫をして、やや多めに愛液が出ているのを確認してから、後背位(バック)の正しいやり方を実践してください。

また、女性の膣と自分のちんこがどうしても後背位(バック)に合わない場合もあります。

その場合は寝バックでちんこが真っすぐになるように挿入すれば、ある程度は痛みを抑えられます。

後背位(バック)の気持ちいい体験談

後背位(バック)のやり方を知るには、実際に気持ちよくなれた女性の声も大切です。

後背位(バック)が気持ちいい体験談を紹介します!

後背位(バック)の気持ちいい体験談

 

自分は正しい後背位(バック)のやり方を全く知りませんでした。

今までの男性とはほとんど正常位か騎乗位でセックスしていたからです。

しかし、後背位(バック)のやり方に詳しい後背位(バック)が好きな男性とセックスして、今までもったいない事をしていたと痛感してしまう事に……

まず、挿入が非常にスムーズで気持ちいい!

ちんこも奥まで届くのでポルチオ好きな私にとっても相性ぴったりでした!

今では後背位(バック)にハマってしまい、毎回1回は後背位(バック)でセックスしています。

(25歳・フリーター)

 

後背位(バック)の正しいやり方は知りませんでしたが、以前付き合っていた男性から「お前は下付きだからバックがいいんじゃないか?」と言われた事はあります。

その男性とは後背位(バック)で何回かセックスした事がありますが、相性が良いというのはあながち嘘ではなく、毎回気持ちよくて身体が痙攣するくらいでした。

一度ペニスが大きい男性と後背位(バック)で相手をしてもらいましたが、奥をガンガン突かれてすぐイっちゃいました。

(28歳・OL)

 

後背位(バック)のやり方はある程度マスターしていたので、後背位(バック)が下手な男性とエッチする時は自分が動くようにしています。

コツをつかめば簡単で、自分が相手のちんこをお尻で叩き潰すように動かせば、男性の腰の動きが0だとしてもすぐに気持ちよくなります。

腰がかなり疲れるのは難点ですが、その分刺激はかなり強いです。

(21歳・大学生)

後背位(バック)のやり方まとめ

後背位(バック)のやり方について紹介しました。

後背位(バック)のやり方まとめ

後背位(バック)は非常に奥が深い体位で、様々なバリエーションがあります。

まずは通常の後背位(バック)のやり方を学んで、寝バックや立ちバックへと応用させてみてください。

また、後背位(バック)の正しいやり方やコツも大切で、特に彼女の膣は充分に濡らしましょう。

-ちんコラム

Copyright© かちこち , 2021 All Rights Reserved.