かちこちがちんこの悩みを解決できれば幸いです。

かちこち

ちんこでバックから挿入する方法や腰の振り方!女性をイかせる最高の体位!

ちんコラム

バックから挿入する時のちんこの角度や腰の振り方!女性をイかせる最高の体位!

バックから挿入する時のちんこの角度や、方法や腰の振り方を紹介します!

バックはポピュラーな体位のひとつですが、慣れていないと意外と難しく、ちんこでバックから挿入できない人も多いです。

まずは知識から確かめましょう!

バックで女性を気持ちよくさせたいと思っている方は必見の情報となります!

ちんこをバックから挿入する方法!苦手な人は必読!

ちんこをバックから挿入する方法を紹介します。

ちんこでバックから挿入する方法!苦手な人は必読!

大前提として、「女性と男性がバックと相性がいいかどうか」が非常に大切です。

例えば、ちんこをバックから挿入する場合、正常位とは違った挿入をするせいで、ちんこが真っすぐ入らない場合があります。

一般的に、「上付き」と呼ばれるタイプの膣はちんこをバックから挿入するのが難しいとされています。

膣が正常位から見て上向きに続いているのが上付きです。

逆側のバックで挿入しようとすると、ちんこが傾いた状態で挿入しなければいけません。

そのため、上付きのまんこは正常位の方が向いている体位だと考えられていて、逆に、「下付き」と呼ばれるまんこはちんこをバックから挿入しやすくなっています。

まずは彼女のまんこの形状を把握して、ちんこをバックから挿入しやすいかを確かめてください。

どうしてもちんこをバックから挿入しづらい場合に気を付けたいことは、「自分の身体を傾けること」です。

例えば、上付きのまんこに挿入したい場合は、まんこの形状に合わせて身体も動かします。

真っすぐ挿入すればすっぽりとちんこをバックから挿入できるように身体を傾けてください。

通常のバックよりも女性に覆い被せなければいけない場合もありますし、自分の身体を海老剃りさせた方が挿入しやすい場合もあります。

バックで挿入!女性に優しく気持ちいい腰の振り方!

バックで挿入したとき、どのように腰を動かせばいいかを紹介します。

バックで挿入!女性に優しく気持ちいい腰の振り方!

正常位の場合は腰を下に向かって動かすだけで男女共に気持ちよくなれますが、バックの場合は多少の工夫が必要です。

バックで挿入した時は、「女性の腰を持って自分の腰を動かす」のが基本です。

女性の腰を固定させることによって、気持ちよさ等のせいで女性に暴れられてちんこが途中で抜けてしまう問題を解消できます。

バックから挿入したらすぐさま腰を激しく動かしたくなりますが、いきなり激しく動かすのはNGです。

女性によってはちんこをバックから挿入されると痛みを感じてしまう人もいるからです。

ポイント1
まずは女性が痛くないかどうかを確認して、痛くなさそう(気持ちよさそう)であれば、ちんこをバックで挿入した後に腰をゆっくりと動かします。

じらすように優しく腰を動かすことによって、それだけでスローセックスの最中のようなもどかしさを感じさせることが可能です。

女性はあまり腰を動かす必要のない体位(動かしても問題はありません)なので、ゆっくり出てくる快感をより強く感じてくれるでしょう。

ポイント2
女性の膣内がトロトロになったと感じたとき、スパートをかけてください。

腰を激しく動かしてちんこを膣内に押し込むように動かすのも有効ですし、ちんこをかき混ぜるように腰を動かすのも有効です!

 

とにかく女の子にとっても自分にとっても「気持ちいい」セックスをしてください。

↓↓↓

気持ちいいセックスの体位とペニステクニック特集!

男は快楽、女は○○。この違いを知ってバック挿入で上手くイかせてくださいね。

バック挿入でイかせるおすすめ体位!

バック挿入でイかせることができるおすすめ体位を紹介します!

バック挿入でイかせるおすすめ体位!

バックには様々な開発された体位があります。

ただ単に「バックで挿入したい」と思っても各体位ごとに腰の動かし方や気持ちよさ、相性の良さが全然違うのだと考えてください。

一番最初に試すであろうバックは、通常のバックです。

女性が四つん這いになり、四つん這いになっている女性の膣に後ろからちんこをバック挿入するのが正しいバックのやり方です。

もっともポピュラーなバック体位で、バックで挿入されたことがある女性は、バックでイくことにも慣れていることも多いのが特徴です。

バック挿入の派生体位である「寝バック」もおすすめです。

通常のバックでは女性は四つん這いになりますが、寝バックでは「女性がうつ伏せになって寝ている状態」から上に被さるようにちんこをバックから挿入する体位です。

寝バックは膣の締めつけが弱いとされていて、スローセックスや早漏だとバレないセックスをしたい人におすすめされています。

女性の膣の形状によっては男性だけ上体を起こして寝バックしたり、男性が女性の平行になるように覆いかぶさった方が気持ちいい場合もあります。

 

バックはあまり好きじゃなくても、この寝バックは好きと言う女性はかなりいます。

角度や深さなどはバックよりもテクニックが必要なのでぜひマスターしてパートナーとやってみてください。

↓↓↓

寝バックで女性を中イキさせる!ちんこの角度や深さなどやり方を解説!

抱きしめられてる感が気持ちいいのだそうですよ。

 

膝を立てて腰を動かすのが苦手な人は「立ちバック」がおすすめです!

通常のバックと同じくらいポピュラーなバック挿入体位ですが、立ちながら腰を動かさなければいけないので、やや難しいです。

バック挿入は角度が大切です!

バック挿入の角度について紹介します。

バック挿入は角度が大切です!

バック挿入時の角度は非常に大切です。

角度がおかしかった場合ちんこの挿入に手間取ってしまい、その時間が長ければ長いほど女性が萎えてしまうからです。

自分のちんこも勢いがなくなって、また性的刺激を加えてもらわなければいけなくなるかもしれません。

バック挿入時の角度は、原則として女性の膣形状に沿って決められます。

膣の入口を見て、ちんこがすっぽり挿入できるように角度を調整してください。

まずは、手マン等で膣の挿入口がどのようになっているかを確認することをおすすめします。

バック挿入角度がわかったら、次はいよいよバックに挿入してください。
チェック

この際、身体を傾けたり女性に覆いかぶさる形にしないとバック挿入できない場合は、傾けても問題はありません。

体位が多少バックから外れてしまったとしても、仮に通常バックで挿入しづらいのであれば、体位から外れた方が気持ちよくなる可能性の方が高いからです。

何度もバックでのセックスを練習してコツを掴むのが手っ取り早いのですが、はじめてセックスする相手の適切なバック挿入角度を見抜くのはなかなか難しいです。

慣れれば正常位と同じように奥まで突くことができる気持ちいい体位なので、マスターしたいのであれば数をこなしてバックセックスをマスターすることをおすすめします。

 

女の子によって気持ちいい角度・深さを知り、自分自身の挿入テクニックも磨きましょう。

↓↓↓

ペニス挿入でイクテクニック!気持ちいい深さや角度と理想の挿入時間を暴露!

気持ちよくないと・・・女性はセックスしたくなくなっちゃいますよ。

バック挿入のコツや最強テクニック!

バック挿入のコツや最強テクニックを紹介します!

バック挿入のコツや最強テクニック!

バック挿入のコツは、「女性に足を開いてもらうこと」です。

足を開くことで膣内が緩やかになり、いくらか挿入しやすくなるのが理由のひとつで、どうしても挿入できない場合は、彼女に「足を開いて?」と優しく囁いてください。

ただし、足を開いたままバック挿入して腰を動かしたとしても、本来のバックの気持ちよさには辿り着きません。

ポイント
きちんと挿入できたら女性に足を閉じてもらって、膣の締め付け・締まりを強くしてもらいましょう。

早漏等を気にしている人は、あえて女性に足を開いたまま弱い刺激で射精をコントロールするのもアリです。

バック挿入のテクニックは、「愛撫しながらバック挿入すること」でしょう。

どの体位にも言えることですが、挿入しながらも女性は性的興奮を感じています。

女性によっては「今から好きな人とひとつになれる」と考えて、より興奮するかもしれません。

そんな状態でセックスできれば、膣内はトロトロになります。

いくらかは挿入しやすくなるでしょう。

もちろんバック挿入後に腰を動かす最中の愛撫も怠ってはいけません。

女性によってはバック挿入時に痛みを感じてしまいますが、そんな痛みなんか忘れてしまうくらい性的興奮を感じてくれる可能性があるからです。

バック挿入が難しいワケと対処法!

バック挿入が難しいワケと対処法を紹介します。

バック挿入が難しいワケと対処法!

バック挿入が難しいと言われているワケは、自分と相手にぴったりな角度を一見して見つけられないことでしょう。

正常位の場合だと膣の入り口をある程度確認しながら挿入できるので、スムーズな挿入が可能です。

しかし、バックの場合は自分が膣の入口を見下ろしている状態となり、女性が大きくお尻を上に突き出していない限りは、膣の入口が見えづらくなっています。

そのせいで適切なバック挿入口がわからず、手間取ってしまうのだと考えてください。

セックス経験の浅い男性の鬼門となるはずです。

バック挿入が難しい場合の一番の対処法は、「膣をこれでもかというくらい愛撫すること」です。

膣が愛液でトロトロになっていればなっているだけ滑らかになり、挿入しやすくなります。

仮にバック挿入時に入口が見えなかったとしても、滑らかさのおかげですぐに挿入できる可能性も高いです。

セックスをする女性と何回かセックスしたことがあるのであれば、それだけ彼女の膣形状に触れるチャンスも増えます。

そこで彼女の膣がどんな形かを記憶してバック挿入するのもひとつの対処法です。

彼女の膣にぴったりな角度を考えながら挿入した方が、がむしゃらに挿入しようとするよりも効率がいいです。

バック挿入のメリット!

バック挿入のメリットについて解説します!

バック挿入のメリット

今回バックのコツを解説してきましたが、バック挿入のメリットを見ていきましょう!

バック挿入のメリット①
バック挿入のメリット一つ目は、とても気持ちいいという点です。

凄くシンプルな理由ですが、男性・女性共にバック挿入が最も気持ちいいと言っている方は多いです。

女性の膣の締まりがよくなり、正常位では感じることができない快感を味わえますよ。

バック挿入のメリット②
バック挿入のメリット二つ目は、顔が見えないという点です。

少し残酷な話ですが、顔が見えないバック挿入はパートナーの顔が良くなくとも楽しめる体位です。

男性・女性共に、美男美女でない方の確率の方が高いですよね。

そういった意味でもバック挿入が一番好きな方は多いです!

バック挿入のメリット③
バック挿入のメリット三つ目は、視覚的に興奮度が高いという点です。

お尻や背中が好きな男性の方には好評で、視覚的な興奮を呼び寄せます。

正常位に飽きてしまってマンネリ化している方など、バックを試しただけで勃ちが普段の三倍以上になった方もいるようです!

 

当記事で紹介しているバック挿入のコツを活かして、今回紹介したメリットを実感してみて下さい!

ちんこでバック挿入まとめ

ちんこでバックに挿入する場合について紹介しました。

ちんこでバック挿入まとめ

バックでセックスをしたことがある人はわかるはずですが、正常位より確実に難しい体位となっています。

その分女性の膣内を奥までかき混ぜることが可能で、慣れれば確実に女性を気持ちよくさせることができる体位でもあります。

ちんこをスムーズにバック挿入できれば、それだけでセックスの気持ちよさや楽しさが一段階以上アップします!

まだバック挿入に慣れていない男性は、試しに回数をこなしてバックで挿入する練習をしてみてください!

-ちんコラム

Copyright© かちこち , 2020 All Rights Reserved.